ニキビ対策を効果的に行うためには、原因や症状、大きさなどに応じて、適切なケアの方法を考える必要があります。また、ニキビの状態を日頃からよく観察して、セルフケアとクリニックでのケアのどちらが良いか検討をすることも大切です。

自宅でのニキビ対策

ニキビの色が白や黒の場合には、毎日の洗顔を欠かさずに行ったり、スキンケアに工夫をしたりすることで、満足のいくケアをすることが可能です。また、自宅でケアを行う場合には、薬用クリームや美容液、ジェルなどの市販のアイテムの特徴をよく把握しておくことが大事です。

薬用クリームを使ったニキビ対策

自宅に居ながら薬用クリームを使ってニキビ対策を行うにあたっては、アクネ菌の増殖を抑えたり、肌の炎症を和らげたりする成分が含まれているものを選ぶことが大切です。また、敏感肌や乾燥肌などの肌に関する悩…

美容液を使ったニキビ対策

ニキビのセルフケアを始めるにあたっては、なるべく肌への刺激の少ない成分を含んだ美容液を使い始めることが大切です。特に、乾燥肌や脂性肌などの悩みを抱えている場合には、購入前に定番のアイテムの配合成分…

皮脂分泌でニキビはできる

ストレスや男性ホルモンの活発化、不規則な生活を送ることによって、皮脂の分泌が盛んになり発症します。一般的にはニキビと呼ばれますが、別名では尋常性ざ瘡とも言います。

ジェルを使ったニキビ対策

乾燥を防ぐことができる

肌が乾燥すると、荒れてボロボロになるので保湿する必要があります。ニキビ対策も保湿が肝心で、保湿することで余分な皮脂が出てくるスピードを抑えられます。肌は正直な部分があり、お風呂上がりなどで油分が奪われたらすぐに肌を守ろうとして皮脂が分泌されてしまいます。もちろん体を洗って汚れや皮脂を落とすことはニキビを防ぐ上でも大切ですが、それと同じくらい乾燥に対するケアをしなければいけません。保湿をすることは重要ですが、ジェルタイプのアイテムを使うと更に効果的だと言えます。ジェルはしっとりしているので、長い時間保湿することが可能だからです。保湿されていると、皮脂が余計に分泌されることがないのでニキビが発生しにくい環境になります。

使い方にも注意したい

ジェルの恩恵を最大限に受けるには、使い方にも注意する必要があります。まずはタイミングで、肌の油分が奪われた時に使わないといけません。入浴後はもちろんですし、秋が深まってきて毎日乾燥するようになったら入念に使いたいものです。そして、より浸透させようと強い力で肌を擦るのではなく、肌の表面をなでるような手さばきを心掛けます。特に入浴後の肌は敏感なので、少し擦っただけでダメージが及ぶ可能性があります。可能であれば、無香料無着色など人工物をあまり配合していない商品が望ましいです。高品質であるほど金額は高くなりますが、やはり人工物は肌にとって負担になる可能性が高いです。アレルギー反応を示さないかしっかりテストをして、大丈夫なら本格的に使用します。

クリニックでのニキビ対策

ニキビの色が赤や紫などになっている場合には、皮膚や毛穴の周辺が炎症を起こしていることがあるため、早急にクリニックでケアを開始する必要があります。また、色素沈着やクレーターなどのトラブルを防ぐために、塗り薬を使った定番の治療だけでなく、レーザー治療、ケミカルピーリングなど様々な治療法の中から適切なものを選択することが大切です。

塗り薬によるニキビ対策

レーザー治療によるニキビ対策

ケミカルピーリングによるニキビ対策

© Copyright Effectively Take Acne. All Rights Reserved.